競馬初心者が学ぶ競馬まとめ

競馬初心者が学ぶ競馬まとめ!、競馬ファン向けにサイトを作成しています、初心者の方から上級者の方まで一緒に競馬を学んでいきましょう!!

    lived1b

    競馬予想

    朝日杯予想|ハレルヤボーイまとめ

    ◆第67回朝日杯フューチュリティステークス・G1(20日・芝1600メートル、阪神競馬場)

     2歳王者を決める朝日杯FS(20日、阪神)の出走馬が17日、決まった。メジャーエンブレムで阪神JFを制した田村康仁調教師(52)=美浦=は、ハレルヤボーイで2週連続G1に挑む。18日に枠順が決定する。

     田村厩舎が、今週の朝日杯FSで2週連続の2歳GI制覇に挑む。阪神JFを制したメジャーエンブレムに続くのは、ハレルヤボーイ。「しまいの爆発力を生かすことができれば、もっとやれると思っている」と田村調教師が目を輝かせた。

     ここまで5戦を消化したトーセンファントム産駒。未勝利を3戦目でクリアした後は、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sで2戦連続5着だったが、上がり3ハロンは前者では33秒2、後者が33秒4。いずれもメンバーNO2の末脚を使いながら、掲示板ギリギリの着順に、陣営は歯がゆさを感じている。

     「重賞では2回ともいいスタートを切ったけど、大事に乗って少し構えすぎてしまったかもしれない。自分の中では5着という評価ではない。今回はあえて抑えないで流れに乗って競馬をしてもらうつもり」と、田村師は指摘。出たなりの位置でも切れる脚を使えると見ている。

     舞台が左回りの東京から、右回りの阪神に替わる。過去5戦で勝ち鞍があるのは未勝利を圧勝した右回りの中山だけ。「右回りはいいし、差しが利いている阪神のコースもいい」と田村師はうなずいた。人気薄だが、コース替わりで激変しても不思議はなさそうだ。(牧野 博光)

     

    ハレルヤボーイの未勝利戦

     

    ハレルヤボーイ

    父ートーセンファントム、母ートーセンミネルバ

    ↑↑

    トーセン・トーセン

     

     

    1:2015/12/18(金) 07:48:21.57 ID:
    今回は浜中



    田村厩舎が、今週の朝日杯FSで2週連続の2歳GI制覇に挑む。
    阪神JFを制したメジャーエンブレムに続くのは、ハレルヤボーイ。
    「しまいの爆発力を生かすことができれば、もっとやれると思っている」と田村調教師が目を輝かせた。

    ここまで5戦を消化したトーセンファントム産駒。
    未勝利を3戦目でクリアした後は、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sで2戦連続5着だったが、
    上がり3ハロンは前者では33秒2、後者が33秒4。
    いずれもメンバーNO2の末脚を使いながら、掲示板ギリギリの着順に、陣営は歯がゆさを感じている。

    「重賞では2回ともいいスタートを切ったけど、大事に乗って少し構えすぎてしまったかもしれない。
    自分の中では5着という評価ではない。
    今回はあえて抑えないで流れに乗って競馬をしてもらうつもり」と、田村師は指摘。
    出たなりの位置でも切れる脚を使えると見ている。
    【朝日杯予想|ハレルヤボーイまとめ】の続きを読む

    アイビーS|注目2歳馬レース予想

     10月24日(土)に東京競馬場で行われる2歳のオープン特別、アイビーS(芝1800m)に美浦から出走する注目馬4頭について、関係者に話を聞いた。

    ヒプノティスト(牡2・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
    「前走の新潟2歳S(GIII・6着)は、大外枠で外を回っていましたし、内が荒れていてみな外へ進路を取りましたから、この馬は外ラチ近くまで行ってしまって、物見をしてしまいました。手応えはあったのですけどね。参考外のレースです。それでも6着ですし、能力はありますね。前走後は在厩で調整をしてきました。今週(10/21)の追い切りは折り合いも反応も良くて、絶好調です。前走のことがあるのでジョッキーも工夫して乗ってくれるでしょう。新馬勝ちした条件ですし、良い競馬になると思います」

    スターオブペルシャ(牡2・美浦・藤沢和雄)について、津曲大祐調教助手。
    「新馬戦(4着)の時から期待が大きかった馬ですが、前走はあっさり勝ってくれました。能力は元々高いと思っていましたし、あのくらい走れる馬です。楽な勝ち方で、まだ奥を感じさせますね。中間の調教もとても良い動きをしています。クラスが上がっても、さらに弾ける脚を使えるのではないかと思います」

    マイネルラフレシア(牡2・美浦・高橋裕)について、高橋調教師。
    「先週結構強くやっていますので、今週(10/21)は単走でサラッと追い切りました。良かったですね。利口な馬でパドックはのんびり歩いていますが、人が乗るとピリッとします。ジョッキーもオンとオフがはっきりしていると言っていました。あと10キロくらい体は増えてほしいですけど、飼い葉は食べていますからね。初戦のような競馬ができれば、将来距離が延びてもおもしろいと思いますよ」

    アメリカンヘヴン(牡2・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
    「まだ経験が浅いですし、子供子供したところがあります。そのあたりがどのくらい解消してくれるかですね。元々テンションが高くなりやすいタイプですが、この中間は落ち着いています」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

     

     

    1:2015/10/18(日) 17:01:36.18 ID:
    アイビーステークス 第1回特別登録 13頭 ・
    サラ系2歳 (混合)(特指)オープン 別定 1800m 芝・左

    アドマイヤビスタ 55.0
    アメリカンヘブン 55.0
    アラバスター 55.0
    エイシンギガント 55.0
    キンショーユキヒメ 54.0
    スターオブペルシャ 55.0
    タンタラスノオカ 55.0
    ヒプノティスト 55.0
    フィンガーポスト 55.0
    ポートレイト 54.0
    マイネルラフレシア 55.0
    ユウチェンジ 55.0
    レプランシュ 55.0
    6:2015/10/18(日) 17:07:13.95 ID:
    アラバスター
    【アイビーS|注目2歳馬レース予想】の続きを読む

    5
    平安ステークス予想|ニュースまとめ

     今の京都は馬場状態が軽く、芝でGIを制した経験のあるアジアエクスプレスに注目したい。稍重馬場で行われたレパードSで圧勝しているように、軽いダートならこの馬のスピードが上位だろう。それに対して実績馬達がどんなレースを見せるのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■5/23(土) 平安S(4歳以上・GIII・京都ダ1900m)

     アジアエクスプレス(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は芝のGI勝ちがあるように、軽いダートでのスピード勝負なら力上位。前走は馬場が重い阪神でクリノスターオーのパワーに屈したが、馬場の軽い京都なら押し切りは十分に可能。古馬重賞の初制覇が期待される。

     インカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は昨年末のチャンピオンズCで崩れたが、東海Sで巻き返してくると、フェブラリーSでも2着に入った。京都コースは2年連続みやこSで勝ち負けしているように相性が良く、ここは3つ目の重賞タイトル獲得のチャンスだろう。

     その他、コース適性高いローマンレジェンド(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の雪辱を果たしたいナムラビクター(牡6、栗東・福島信晴厩舎)、昨年は12番人気でこのレースを制したクリノスターオー(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)、重賞連勝と充実期を迎えたマイネルクロップ(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)辺りも有力。発走は15時35分。

     

    【平安S】インカンテーション-展開に応じて競馬ができる対応力が強み

     

    【平安S(土曜=23日、京都ダート1900メートル)注目馬最新情報:栗東】5歳となったインカンテーションの今年の成績は東海Sが3着、フェブラリーSが2着。頂上が見える位置まで来た。

     蒲原助手「中間はここまで何もなくすごく順調ですね。展開に応じて前に行っても後ろからでも競馬ができる対応力があるのは強み。京都コースでも走っています。今年は勝負の年だと思ってますし、ここを使った後は6月の帝王賞に向かう予定。いい結果を出したいですね」

     

     【平安S】ドコフクカゼ重賞初制覇へ

     23日京都の平安S(G3、ダート1900メートル)で、ブリリアントSを制したドコフクカゼ(牡5、友道)が重賞初制覇を狙う。

     中1週だが好調をキープしており「変わりないですよ。今の理想体重は520キロくらい。前回(518キロ)と同じくらいで出せそう」と杉村助手は言う。昨年のこのレースは8着だったが、当時よりパワーアップ。年を重ねるごとに筋肉量が増えてきた。「少しずつ少しずつ馬にボリュームが出て、レベルアップしてきている」。手前の替え方も上達し、今はもう不安点がない。

     

    2014年-平安ステークス

    1着 クリノスターオー 幸英明

    2着 ソロル 松山弘平

    3着 ワイルドフラッパー 福永祐一

     

     

     

    【平安ステークス予想|ニュースまとめ】の続きを読む

    5
    きさらぎ賞|ニュース|ツイッター|2ch|まとめ
    超良血レガッタ、クラシックへ 

     少数精鋭のきさらぎ賞・G3(8日、京都・芝1800メートル)。05年宝塚記念など、G1・3勝の名牝スイープトウショウの息子レガッタがスタンバイしている。2戦目での重賞挑戦だが、陣営は大きな手応えを感じての参戦だ。東京新聞杯・G3(同、東京・芝1600メートル)には、96年高松宮杯、スプリンターズSを制したフラワーパークの子ヴァンセンヌが出走。超良血のディープインパクト産駒2頭の走りに注目だ。

     偉大な父母の血が騒ぐ。父ディープインパクト、母スイープトウショウの間に生まれたレガッタ。両親合わせてG1・10勝、13年のセレクトセールでは1億500万円で取引されて話題になった。「この馬でダービーに行きたい。それだけの素材だと思う」。08年ディープスカイでNHKマイルC、ダービーの変則2冠を達成した経験のある昆調教師のほれ込みようは、半端ではない。

     仕上がり途上で迎えた11月15日のデビュー戦だったが、陣営の不安を吹き飛ばす圧巻の内容。両親譲りの上がり3ハロン33秒2の豪脚で、楽々と抜け出した。「中身が全然できてないなかで、よくあれだけの勝ち方ができた。その後、厩舎に置いて調整し、だいぶしっかりしてきた。基礎体力がついて初戦とは馬が全然違う」とトレーナー。放牧に出さず2か月半、入念に乗り込んで、磨きがかけられた。

     キャリア1戦、レベルの高いメンバーが相手とハードルは上がるが、乗り越えられる器の持ち主だ。「徐々に骨が成長して良さが出てきた。折り合いがつくのでスローペースになっても心配していない。何としても、ここで結果を出さないと」と昆師は強い気持ちを示す。

     京都競馬場は父ディープが天皇賞・春(06年)をはじめG13勝、母スイープは05年のエリザベス女王杯などG12勝を挙げたコース。両親が名勝負を繰り広げた舞台でクラシックに向け、こぎ出す。(内尾 篤嗣)

     

    関東期待の牝馬ルージュバック牡馬戦線に参戦

     「きさらぎ賞・G3」(2月8日、京都)

     関東期待の大物牝馬ルージュバックが、満を持して今季初戦を迎える。デビュー2連勝はいずれも素晴らしい瞬発力を披露。早くも“怪物”の声すら挙がっている。今回は、この時季の3歳牝馬としては異例とも言える関西の牡馬混合重賞への参戦。牝馬の枠にとどまらない、大きな飛躍の可能性を陣営が感じ取っているからこそのローテと言っていい。

     大きな期待の表れなのだろう。「まだ500万下を勝ったばかりだから」とルージュバックの大竹師は謙遜するが、その表情から笑みが絶えることはない。

     前走・百日草特別の勝ちっぷりには大物感があふれていた。後方から直線で外へ出し、残り1F手前でゴーサイン。ノーステッキのままレコードタイムで突き抜けた。2馬身半差の2着馬ベルーフが京成杯を制したのだからがぜん、注目度が増す。「戦わずしてどんどん評価が上がっていますね」と目尻を下げる指揮官は、「新馬戦は訳が分からないなかで(上がり3F32秒8でVと)“飛んで”きたけど、前走はスムーズに末脚を繰り出せていました」と、学習能力の高さも称賛する。

     今回はあえて関西への輸送競馬、さらにクラシック本番でも人気を集めそうな牡馬相手の一戦に挑む。「この時季に関西への輸送と右回りを経験させておきたかった」。桜花賞(4月12日・阪神)を見据えてのことかと思いきや、「それも選択肢のひとつ。距離を含めて競馬の内容次第で今後を判断したい」と説明する。あるいは牡馬クラシック挑戦もあるのか。いずれにしても限りない可能性を感じているからこその、果敢な西下と言える。

     新馬戦で新潟への輸送を経験。「輸送した方がカイ食いが旺盛になるし、右回りもケイコの動きから問題はないです」。昨年の年度代表馬ジェンティルドンナなど、近年は牡馬と互角以上の戦いを演じる牝馬が目立つ。東の大物候補も、まずはここで牡馬を蹴散らし、名牝と称される存在へ飛躍する足掛かりとしたい。

     
    【きさらぎ賞|ニュース|ツイッター|2ch|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ