平安ステークス予想|ニュースまとめ

 今の京都は馬場状態が軽く、芝でGIを制した経験のあるアジアエクスプレスに注目したい。稍重馬場で行われたレパードSで圧勝しているように、軽いダートならこの馬のスピードが上位だろう。それに対して実績馬達がどんなレースを見せるのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/23(土) 平安S(4歳以上・GIII・京都ダ1900m)

 アジアエクスプレス(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は芝のGI勝ちがあるように、軽いダートでのスピード勝負なら力上位。前走は馬場が重い阪神でクリノスターオーのパワーに屈したが、馬場の軽い京都なら押し切りは十分に可能。古馬重賞の初制覇が期待される。

 インカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は昨年末のチャンピオンズCで崩れたが、東海Sで巻き返してくると、フェブラリーSでも2着に入った。京都コースは2年連続みやこSで勝ち負けしているように相性が良く、ここは3つ目の重賞タイトル獲得のチャンスだろう。

 その他、コース適性高いローマンレジェンド(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の雪辱を果たしたいナムラビクター(牡6、栗東・福島信晴厩舎)、昨年は12番人気でこのレースを制したクリノスターオー(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)、重賞連勝と充実期を迎えたマイネルクロップ(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)辺りも有力。発走は15時35分。

 

【平安S】インカンテーション-展開に応じて競馬ができる対応力が強み

 

【平安S(土曜=23日、京都ダート1900メートル)注目馬最新情報:栗東】5歳となったインカンテーションの今年の成績は東海Sが3着、フェブラリーSが2着。頂上が見える位置まで来た。

 蒲原助手「中間はここまで何もなくすごく順調ですね。展開に応じて前に行っても後ろからでも競馬ができる対応力があるのは強み。京都コースでも走っています。今年は勝負の年だと思ってますし、ここを使った後は6月の帝王賞に向かう予定。いい結果を出したいですね」

 

 【平安S】ドコフクカゼ重賞初制覇へ

 23日京都の平安S(G3、ダート1900メートル)で、ブリリアントSを制したドコフクカゼ(牡5、友道)が重賞初制覇を狙う。

 中1週だが好調をキープしており「変わりないですよ。今の理想体重は520キロくらい。前回(518キロ)と同じくらいで出せそう」と杉村助手は言う。昨年のこのレースは8着だったが、当時よりパワーアップ。年を重ねるごとに筋肉量が増えてきた。「少しずつ少しずつ馬にボリュームが出て、レベルアップしてきている」。手前の替え方も上達し、今はもう不安点がない。

 

2014年-平安ステークス

1着 クリノスターオー 幸英明

2着 ソロル 松山弘平

3着 ワイルドフラッパー 福永祐一

 

 

 





競馬ファンならしっておきたいおすすめサイト
競馬で稼ぐ