NHKマイルカップ|調教終了後のまとめ

【NHKマイルC】無敗Vへアルビ順調

 ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、NHKマイルCにアルビアーノを送り込む木村師を直撃した。

 ――アルビアーノですが前走(フラワーC1着)では初めて尾を縛った?

 木村師 縛ったわけではなくああいう飾りつけです。たしかに尾を振る面のある馬だけど、その点に関しては心配していません。

 ――例によって絶好のスタート。

 スタートは安心して見ていられます。とくに前走は中山1800メートルの最内枠。馬場状態を考えても出てくれるに越したことはなかったので良かったです。

 ――最終コーナーでは絶妙のスパートで後続との差を広げました。

 レース前に作戦を立てて指示していた通りに乗ってくれました。考えていた通り、あの形なら強い競馬ができました。

 ――その後、ここという臨戦過程は予定通り?

 最初からこの予定でした。中間はノーザンファーム天栄に放牧しましたが、ここを見据えて帰厩。その後も順調に来ました。

 ――今回は逃げられなくても大丈夫?

 絶対に逃げないと駄目な馬だとは、思っていません。普段の調教では引き運動の時でもむしろ前に馬がいた方がどっしりと歩くタイプ。控えても競馬はできるはずです。

 ――手前(軸脚)をコロコロ変えたり尾を振ったりと難しい気性に見えます。

 牝馬らしい難しい面があるのは確かです。でもそこはジョッキー(柴山)が分かっているので心配はしていません。

 ――東京のマイル戦は?

 条件が合うとか合わないではなく、私たちにできるのは馬を良い状態で送り出せるかどうか。そういう意味では順調に来ました。

 ――デビュー以来3連勝でまだ可能性が広がる。

 負けている馬は可能性がないというわけではないと思います。でも、勝ち続けていることで注目される存在になっていることは分かっています。期待に応えられるよう、良い仕事をするだけです。

 
【NHKマイルC】無敗Vへキングカメハメハ、史上初の父子制覇を目指す
 

 区切りの20回目を迎えるNHKマイルCで、父子制覇はいまだ達成されていない。04年覇者のキングカメハメハは、桜花賞、皐月賞と産駒が3歳G1を連勝中。その勢いにも乗る昨年の新潟2歳S王者のミュゼスルタンが“史上初”を成し遂げるか。同じ父のヤマカツエースも、01年優勝のクロフネの子2頭も父に続くVへ意欲を見せる。混戦必至の3歳マイル王決定戦、その枠順はきょう8日に決定する。

 偉大な父がつくり出すビッグウェーブに乗れるか。「そういえば、キンカメが勝ってるなあ」。3歳マイル王決定戦にミュゼスルタンを送り出す大江原調教師が振り返った通り、今年はキングカメハメハ産駒が絶好調。桜花賞(レッツゴードンキ)、皐月賞(ドゥラメンテ)と現在3歳G1を連勝中で、さらにフェブラリーS(ホッコータルマエ)も含めると、今年のG1・5戦中、すでに3勝も挙げている。

 ディープインパクトを筆頭に、サンデー系種牡馬が席巻する昨今の競馬界。“対抗勢力”の筆頭として毎年、活躍馬を送り出しているが、今年は次々と記録を塗り替えるなど勢いがすさまじい。ミュゼスルタン以外に、過去に3頭管理したことのある大江原師は「一番いいところは、仕上げるのに手間がかからないこと。うるさい、うるさくないは別として素直な馬が多い」と、キンカメ産駒の特長を説明した。

 昨年の新潟2歳S制覇後、左前脚の遠位端を骨折。休養を余儀なくされたが、スプリングS(7着)で戦列に復帰し、G1に駒を進めることができたのも、産駒の良さがあってこそだ。「前走は出遅れたなりの競馬で、次につながる競馬だった。使ったことで相当スイッチが入った」。叩かれての上積みたっぷりで挑むNHKマイルC。父が04年に5馬身差の圧勝劇を決めた舞台で目指すのは、レース史上初となる親子制覇だ。(西山 智昭)

 【今年のキングカメハメハ産駒】

 2月1日の京都競馬で7勝を挙げ、サンデーサイレンス(00年4月2日、阪神)の6勝を上回り、同日の東京でも4勝し、複数場での1日11勝は、これまたサンデーサイレンスの9勝(99年6月12日、東京・函館・中京)を抜く、ダブル新記録を樹立した。今年91勝を挙げ、リーディングサイアーでは2位ディープインパクト(68勝)に大差をつけて、首位を独走中だ。

 
【NHKマイルC】27年目勝春、フォックスで重賞50勝頂く 

 デビュー27年目を迎えたベテラン田中勝が、07年皐月賞(ヴィクトリー)以来8年ぶりのG1制覇へ静かに闘志を燃やしている。コンビを組むのは2走前のニュージーランドTが初騎乗だったナイトフォックス。結果は4着止まりも、1着ヤマカツエースとはわずかに0秒2差。十分に争覇圏の1頭だ。

 6日にWコースで行われた最終追いはパートナーの内に併せる予定だったが、田中勝の判断で外に出して楽々と4馬身先着。「元気だったからね。体調は問題ない」と出来の良さに太鼓判。「人気ほどの差はないと思う。脚の使いどころとか枠順とか、いろいろかみ合えば」と力を込める。

 



 スイートサルサで制した2週前の福島牝馬Sが通算49個目の重賞タイトル。「区切りの50勝をG1で?そうなればいいね」とにっこり。全競馬場で最多の603勝を挙げている得意の東京で“カッチースマイル”がはじけるシーンも十分だ。