良血ヴァンセンヌが4連勝で重賞制覇

 8日、東京競馬場で東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)が行われ、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気ヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で横に広がった馬群の中から抜け出し、最後は外からの猛追を見せた9番人気アルフレード(牡6、美浦・手塚貴久厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(稍重)。

 さらにクビ差の3着に1番人気フルーキー(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、2番人気エキストラエンド(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったヴァンセンヌは、父ディープインパクト、母フラワーパーク、その父ニホンピロウイナーという血統。昨年10月の小峰城特別(500万)から一気の4連勝で、初めての重賞制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴァンセンヌ(牡6)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・松永幹夫
父:ディープインパクト
母:フラワーパーク
母父:ニホンピロウイナー
馬主:社台レースホース
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:11戦6勝(重賞1勝)

 
ヴァンセンヌが上手く内、空きましたね
 
 
1着 ヴァンセンヌ 福永祐一
2着 アルフレード 柴山雄一
3着 フルーキー 岩田康誠