きさらぎ賞|ニュース|ツイッター|2ch|まとめ
超良血レガッタ、クラシックへ 

 少数精鋭のきさらぎ賞・G3(8日、京都・芝1800メートル)。05年宝塚記念など、G1・3勝の名牝スイープトウショウの息子レガッタがスタンバイしている。2戦目での重賞挑戦だが、陣営は大きな手応えを感じての参戦だ。東京新聞杯・G3(同、東京・芝1600メートル)には、96年高松宮杯、スプリンターズSを制したフラワーパークの子ヴァンセンヌが出走。超良血のディープインパクト産駒2頭の走りに注目だ。

 偉大な父母の血が騒ぐ。父ディープインパクト、母スイープトウショウの間に生まれたレガッタ。両親合わせてG1・10勝、13年のセレクトセールでは1億500万円で取引されて話題になった。「この馬でダービーに行きたい。それだけの素材だと思う」。08年ディープスカイでNHKマイルC、ダービーの変則2冠を達成した経験のある昆調教師のほれ込みようは、半端ではない。

 仕上がり途上で迎えた11月15日のデビュー戦だったが、陣営の不安を吹き飛ばす圧巻の内容。両親譲りの上がり3ハロン33秒2の豪脚で、楽々と抜け出した。「中身が全然できてないなかで、よくあれだけの勝ち方ができた。その後、厩舎に置いて調整し、だいぶしっかりしてきた。基礎体力がついて初戦とは馬が全然違う」とトレーナー。放牧に出さず2か月半、入念に乗り込んで、磨きがかけられた。

 キャリア1戦、レベルの高いメンバーが相手とハードルは上がるが、乗り越えられる器の持ち主だ。「徐々に骨が成長して良さが出てきた。折り合いがつくのでスローペースになっても心配していない。何としても、ここで結果を出さないと」と昆師は強い気持ちを示す。

 京都競馬場は父ディープが天皇賞・春(06年)をはじめG13勝、母スイープは05年のエリザベス女王杯などG12勝を挙げたコース。両親が名勝負を繰り広げた舞台でクラシックに向け、こぎ出す。(内尾 篤嗣)

 

関東期待の牝馬ルージュバック牡馬戦線に参戦

 「きさらぎ賞・G3」(2月8日、京都)

 関東期待の大物牝馬ルージュバックが、満を持して今季初戦を迎える。デビュー2連勝はいずれも素晴らしい瞬発力を披露。早くも“怪物”の声すら挙がっている。今回は、この時季の3歳牝馬としては異例とも言える関西の牡馬混合重賞への参戦。牝馬の枠にとどまらない、大きな飛躍の可能性を陣営が感じ取っているからこそのローテと言っていい。

 大きな期待の表れなのだろう。「まだ500万下を勝ったばかりだから」とルージュバックの大竹師は謙遜するが、その表情から笑みが絶えることはない。

 前走・百日草特別の勝ちっぷりには大物感があふれていた。後方から直線で外へ出し、残り1F手前でゴーサイン。ノーステッキのままレコードタイムで突き抜けた。2馬身半差の2着馬ベルーフが京成杯を制したのだからがぜん、注目度が増す。「戦わずしてどんどん評価が上がっていますね」と目尻を下げる指揮官は、「新馬戦は訳が分からないなかで(上がり3F32秒8でVと)“飛んで”きたけど、前走はスムーズに末脚を繰り出せていました」と、学習能力の高さも称賛する。

 今回はあえて関西への輸送競馬、さらにクラシック本番でも人気を集めそうな牡馬相手の一戦に挑む。「この時季に関西への輸送と右回りを経験させておきたかった」。桜花賞(4月12日・阪神)を見据えてのことかと思いきや、「それも選択肢のひとつ。距離を含めて競馬の内容次第で今後を判断したい」と説明する。あるいは牡馬クラシック挑戦もあるのか。いずれにしても限りない可能性を感じているからこその、果敢な西下と言える。

 新馬戦で新潟への輸送を経験。「輸送した方がカイ食いが旺盛になるし、右回りもケイコの動きから問題はないです」。昨年の年度代表馬ジェンティルドンナなど、近年は牡馬と互角以上の戦いを演じる牝馬が目立つ。東の大物候補も、まずはここで牡馬を蹴散らし、名牝と称される存在へ飛躍する足掛かりとしたい。

 
アッシュゴールド、鬼脚目覚める

 今週はクラシックに向けて重要なレース、きさらぎ賞(8日、GIII、芝1800メートル)が京都競馬場で行われる。登録頭数は9頭と少ないが、素質馬がそろった。中でも注目は今年初戦となるアッシュゴールドだ。全兄オルフェーヴルは2011年のこのレースの3着馬で、その後、クラシック3冠を含めてGIで6勝を挙げる大活躍を見せた。弟も飛躍のきっかけとする。

 名馬オルフェーヴルの全弟アッシュゴールドが、いよいよ始動する。

 「まだ幼くて課題はあるが、テンションが上がってもコントロールが利くように教えている。オルフェーヴルもそうでしたけど、経験を積みながら完成していけばいい」

 粉雪が舞い散る2日朝の栗東トレセン。偉大な兄も担当した森澤助手が静かに口を開いた。

 デビュー前から血統の良さで大きな注目を集めた。「まだ体がフニャフニャしていた」と振り返る昨年7月の中京新馬戦はソエ(管骨骨膜炎)などの影響もあって6着。しかし、リフレッシュ放牧を挟んだ同10月の京都未勝利戦は、後方からメンバー最速の上がり3ハロン34秒7をマークして快勝した。続くデイリー杯2歳Sも中団から上がり最速33秒6の脚で2着。能力の高さを証明した。

 前走の2歳王者決定戦・朝日杯フューチュリティSは8着に敗れたが、レース前にイレ込んで制御できなくなったのが敗因。そこで「追い切り日以外は、小さな丸馬場でフラットワークを重点にやってきた。効果は少し感じられる」と対策を講じてきた。フラットワークは、馬術でいうところの準備運動。鞍上との意思疎通を向上させる効果もあり、オルフェも一時期、取り入れていた。

 1週前追い切りは栗東坂路の併せ馬でダノンカモン(OP)に3馬身遅れたが、「メンコを初めて着けて反応が悪かった。外した(今月)1日は感じがよかったです」と気にしていない。

 兄は同じく1勝馬の身で2011年のきさらぎ賞に出走して3着。その後、スプリングSで重賞初Vを飾ると、3冠を見事に制覇し、歴史に残る名馬への道を歩んだ。弟アッシュゴールドも、ここをステップに輝きを増す。 (森本昭夫)

 
きさらぎ賞
 

 

きさらぎ賞-2ch

 

5:2015/02/03(火) 21:51:45.84 ID:
馬三郎 1週前追い切りチェック

ポルトドートウィユ 評価A

武豊を背に栗東坂路で4F51秒7-12秒6(一杯)。ハギノナトゥーラ(3歳未勝利)と併入。
力強い脚さばきでグイグイ伸びた。馬体にも張りがあり、状態は申し分ない。

ルージュバック 評価A

美浦南Wで6F80秒3-12秒6(強め)。
パートナーを抜き去った後も、集中力を保ってシャープな伸び脚。
このひと追いで態勢は整った。

レガッタ 評価B

四位を背に栗東CWで7F96秒4-13秒4(一杯)。
ヒルノケルン(3歳未勝利)に手応え劣勢で0秒1遅れたが、全体時計としては及第点。
しっかりと攻められており、仕上がりは良好だ。

ネオスターダム 評価B

栗東CWで5F68秒3-12秒1(馬なり)。クレスコモア(5歳1000万下)に0秒6先着。
以前よりも楽に動けており、気配面も良好。きっちりと力を出せそうだ。

アッシュゴールド 評価C

池添を背に栗東坂路で4F54秒3-13秒6(一杯)。ダノンカモン(9歳OP)に3馬身遅れ。
気難しい面を見せて、ラストはバッタリ止まった。もう少し落ち着きがほしい印象。
10:2015/02/03(火) 21:59:12.36 ID:
ユタカさん、どーぞどーぞに
戸崎がぶっこんで来て、
ジョッキールームで木刀事件。
ドイツ人帰国。
19:2015/02/03(火) 22:24:55.33 ID:
ロゴを疑えるのにルージュは盲信ってどうなの
関東牝馬って時点で無条件に切る勢力もいそうなのに

個人的には能力面では証明済みでも京都が怪しい気がする
単2倍切るようなら京都適性だけでアッシュとレガッタ買うわ
27:2015/02/03(火) 22:42:16.84 ID:
ルージュバックは蓋を開けてみれば別次元の存在だと思うけどなぁ
それでも2倍弱の単勝はさすがに買えないんだけど、ルージュが2倍で買えるのも今だけというジレンマ
ご祝儀で10万ぐらい入れとくか