競馬初心者が学ぶ競馬まとめ

競馬初心者が学ぶ競馬まとめ!、競馬ファン向けにサイトを作成しています、初心者の方から上級者の方まで一緒に競馬を学んでいきましょう!!

    lived1b

    5
    平安ステークス予想|ニュースまとめ

     今の京都は馬場状態が軽く、芝でGIを制した経験のあるアジアエクスプレスに注目したい。稍重馬場で行われたレパードSで圧勝しているように、軽いダートならこの馬のスピードが上位だろう。それに対して実績馬達がどんなレースを見せるのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■5/23(土) 平安S(4歳以上・GIII・京都ダ1900m)

     アジアエクスプレス(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は芝のGI勝ちがあるように、軽いダートでのスピード勝負なら力上位。前走は馬場が重い阪神でクリノスターオーのパワーに屈したが、馬場の軽い京都なら押し切りは十分に可能。古馬重賞の初制覇が期待される。

     インカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は昨年末のチャンピオンズCで崩れたが、東海Sで巻き返してくると、フェブラリーSでも2着に入った。京都コースは2年連続みやこSで勝ち負けしているように相性が良く、ここは3つ目の重賞タイトル獲得のチャンスだろう。

     その他、コース適性高いローマンレジェンド(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の雪辱を果たしたいナムラビクター(牡6、栗東・福島信晴厩舎)、昨年は12番人気でこのレースを制したクリノスターオー(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)、重賞連勝と充実期を迎えたマイネルクロップ(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)辺りも有力。発走は15時35分。

     

    【平安S】インカンテーション-展開に応じて競馬ができる対応力が強み

     

    【平安S(土曜=23日、京都ダート1900メートル)注目馬最新情報:栗東】5歳となったインカンテーションの今年の成績は東海Sが3着、フェブラリーSが2着。頂上が見える位置まで来た。

     蒲原助手「中間はここまで何もなくすごく順調ですね。展開に応じて前に行っても後ろからでも競馬ができる対応力があるのは強み。京都コースでも走っています。今年は勝負の年だと思ってますし、ここを使った後は6月の帝王賞に向かう予定。いい結果を出したいですね」

     

     【平安S】ドコフクカゼ重賞初制覇へ

     23日京都の平安S(G3、ダート1900メートル)で、ブリリアントSを制したドコフクカゼ(牡5、友道)が重賞初制覇を狙う。

     中1週だが好調をキープしており「変わりないですよ。今の理想体重は520キロくらい。前回(518キロ)と同じくらいで出せそう」と杉村助手は言う。昨年のこのレースは8着だったが、当時よりパワーアップ。年を重ねるごとに筋肉量が増えてきた。「少しずつ少しずつ馬にボリュームが出て、レベルアップしてきている」。手前の替え方も上達し、今はもう不安点がない。

     

    2014年-平安ステークス

    1着 クリノスターオー 幸英明

    2着 ソロル 松山弘平

    3着 ワイルドフラッパー 福永祐一

     

     

     

    【平安ステークス予想|ニュースまとめ】の続きを読む

    5

    NHKマイルカップ|調教終了後のまとめ

    【NHKマイルC】無敗Vへアルビ順調

     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、NHKマイルCにアルビアーノを送り込む木村師を直撃した。

     ――アルビアーノですが前走(フラワーC1着)では初めて尾を縛った?

     木村師 縛ったわけではなくああいう飾りつけです。たしかに尾を振る面のある馬だけど、その点に関しては心配していません。

     ――例によって絶好のスタート。

     スタートは安心して見ていられます。とくに前走は中山1800メートルの最内枠。馬場状態を考えても出てくれるに越したことはなかったので良かったです。

     ――最終コーナーでは絶妙のスパートで後続との差を広げました。

     レース前に作戦を立てて指示していた通りに乗ってくれました。考えていた通り、あの形なら強い競馬ができました。

     ――その後、ここという臨戦過程は予定通り?

     最初からこの予定でした。中間はノーザンファーム天栄に放牧しましたが、ここを見据えて帰厩。その後も順調に来ました。

     ――今回は逃げられなくても大丈夫?

     絶対に逃げないと駄目な馬だとは、思っていません。普段の調教では引き運動の時でもむしろ前に馬がいた方がどっしりと歩くタイプ。控えても競馬はできるはずです。

     ――手前(軸脚)をコロコロ変えたり尾を振ったりと難しい気性に見えます。

     牝馬らしい難しい面があるのは確かです。でもそこはジョッキー(柴山)が分かっているので心配はしていません。

     ――東京のマイル戦は?

     条件が合うとか合わないではなく、私たちにできるのは馬を良い状態で送り出せるかどうか。そういう意味では順調に来ました。

     ――デビュー以来3連勝でまだ可能性が広がる。

     負けている馬は可能性がないというわけではないと思います。でも、勝ち続けていることで注目される存在になっていることは分かっています。期待に応えられるよう、良い仕事をするだけです。

     
    【NHKマイルC】無敗Vへキングカメハメハ、史上初の父子制覇を目指す
     
    【NHKマイルカップ|調教終了後のまとめ】の続きを読む

    青葉賞ニュースとツイッターのまとめ

     

    青葉賞、ニュース

    【青葉賞】レッドライジェル12秒8余力充分 

    ◆青葉賞追い切り(29日)

     勢いは本物だ。青葉賞(5月2日、東京=2着までに日本ダービー優先出走権)に出走するレッドライジェルは柴田善を背に、美浦のWコースで内サトノオー(7歳500万)と併せ馬。2馬身後方から追いかけ、馬なりのまま、しまいを伸ばして最後は併入。5ハロン69秒7―13秒1をマークした。藤沢和調教師は「順調だね。時計は少しかかったけど、続けて使っているし、このくらい動けば十分」と満足そうにうなずいた。

     未勝利、山吹賞ともメンバー最速の末脚で差し切って連勝。決め手ではひけを取らない。「以前は他馬を怖がっていたけど、それが解消されてきた。ここも勝てるといいね」と柴田善は力を込めた。勝って、ダービーの舞台へ。遅れてきたディープインパクト産駒が、府中の長い直線でライバルたちをのみ込む。(川上 大志)

     

    ストレンジクォーク 馬なりで2馬身差

     

    【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:美浦】ストレンジクォークは柴山を背に坂路で3頭併せ。馬なりで2馬身先着(4ハロン54・7―12・9秒)。前走時を上回る反応の良さだ。

     小島太調教師「先週にびっしりやったので今週は軽め。デキは前走(500万下=1着)以上。今の充実ぶりなら重賞でも足りるはず」

     

    ティルナノーグ 余力の残し1馬身先着「状態が戻ってきた」

     

    【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:栗東】ティルナノーグは武豊を背に坂路でディープサウス(古馬1000万下)に1馬身先着。ゴールでは余力もあり、動きに重苦しさはない(4ハロン54・0―12・6秒)。

     松永幹調教師「先週も今週も稽古の動きは良かった。状態が戻ってきた感じだし、レース当日、落ち着いて臨めれば」

     

    ヴェラヴァルスター力強い披露

     

    【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:美浦】ヴェラヴァルスターは南ウッドで併せ馬。最後まで僚馬トーセンスパンキー(3歳500万下)に追いつかなかったが、動きは力強い(5ハロン67・1―38・5―13・2秒)。

     木村調教師「予定通りの内容。大きくは変わっていないが、いい意味での平行線。立ち回りのうまさを生かしたい」

     

    タンタアレグリア-馬なり

    【青葉賞ニュースとツイッターのまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ