競馬初心者が学ぶ競馬まとめ

競馬初心者が学ぶ競馬まとめ!、競馬ファン向けにサイトを作成しています、初心者の方から上級者の方まで一緒に競馬を学んでいきましょう!!

    lived1b

    朝日杯予想|ハレルヤボーイまとめ

    ◆第67回朝日杯フューチュリティステークス・G1(20日・芝1600メートル、阪神競馬場)

     2歳王者を決める朝日杯FS(20日、阪神)の出走馬が17日、決まった。メジャーエンブレムで阪神JFを制した田村康仁調教師(52)=美浦=は、ハレルヤボーイで2週連続G1に挑む。18日に枠順が決定する。

     田村厩舎が、今週の朝日杯FSで2週連続の2歳GI制覇に挑む。阪神JFを制したメジャーエンブレムに続くのは、ハレルヤボーイ。「しまいの爆発力を生かすことができれば、もっとやれると思っている」と田村調教師が目を輝かせた。

     ここまで5戦を消化したトーセンファントム産駒。未勝利を3戦目でクリアした後は、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sで2戦連続5着だったが、上がり3ハロンは前者では33秒2、後者が33秒4。いずれもメンバーNO2の末脚を使いながら、掲示板ギリギリの着順に、陣営は歯がゆさを感じている。

     「重賞では2回ともいいスタートを切ったけど、大事に乗って少し構えすぎてしまったかもしれない。自分の中では5着という評価ではない。今回はあえて抑えないで流れに乗って競馬をしてもらうつもり」と、田村師は指摘。出たなりの位置でも切れる脚を使えると見ている。

     舞台が左回りの東京から、右回りの阪神に替わる。過去5戦で勝ち鞍があるのは未勝利を圧勝した右回りの中山だけ。「右回りはいいし、差しが利いている阪神のコースもいい」と田村師はうなずいた。人気薄だが、コース替わりで激変しても不思議はなさそうだ。(牧野 博光)

     

    ハレルヤボーイの未勝利戦

     

    ハレルヤボーイ

    父ートーセンファントム、母ートーセンミネルバ

    ↑↑

    トーセン・トーセン

     

     

    1:2015/12/18(金) 07:48:21.57 ID:
    今回は浜中



    田村厩舎が、今週の朝日杯FSで2週連続の2歳GI制覇に挑む。
    阪神JFを制したメジャーエンブレムに続くのは、ハレルヤボーイ。
    「しまいの爆発力を生かすことができれば、もっとやれると思っている」と田村調教師が目を輝かせた。

    ここまで5戦を消化したトーセンファントム産駒。
    未勝利を3戦目でクリアした後は、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sで2戦連続5着だったが、
    上がり3ハロンは前者では33秒2、後者が33秒4。
    いずれもメンバーNO2の末脚を使いながら、掲示板ギリギリの着順に、陣営は歯がゆさを感じている。

    「重賞では2回ともいいスタートを切ったけど、大事に乗って少し構えすぎてしまったかもしれない。
    自分の中では5着という評価ではない。
    今回はあえて抑えないで流れに乗って競馬をしてもらうつもり」と、田村師は指摘。
    出たなりの位置でも切れる脚を使えると見ている。
    【朝日杯予想|ハレルヤボーイまとめ】の続きを読む

    アイビーS|注目2歳馬レース予想

     10月24日(土)に東京競馬場で行われる2歳のオープン特別、アイビーS(芝1800m)に美浦から出走する注目馬4頭について、関係者に話を聞いた。

    ヒプノティスト(牡2・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
    「前走の新潟2歳S(GIII・6着)は、大外枠で外を回っていましたし、内が荒れていてみな外へ進路を取りましたから、この馬は外ラチ近くまで行ってしまって、物見をしてしまいました。手応えはあったのですけどね。参考外のレースです。それでも6着ですし、能力はありますね。前走後は在厩で調整をしてきました。今週(10/21)の追い切りは折り合いも反応も良くて、絶好調です。前走のことがあるのでジョッキーも工夫して乗ってくれるでしょう。新馬勝ちした条件ですし、良い競馬になると思います」

    スターオブペルシャ(牡2・美浦・藤沢和雄)について、津曲大祐調教助手。
    「新馬戦(4着)の時から期待が大きかった馬ですが、前走はあっさり勝ってくれました。能力は元々高いと思っていましたし、あのくらい走れる馬です。楽な勝ち方で、まだ奥を感じさせますね。中間の調教もとても良い動きをしています。クラスが上がっても、さらに弾ける脚を使えるのではないかと思います」

    マイネルラフレシア(牡2・美浦・高橋裕)について、高橋調教師。
    「先週結構強くやっていますので、今週(10/21)は単走でサラッと追い切りました。良かったですね。利口な馬でパドックはのんびり歩いていますが、人が乗るとピリッとします。ジョッキーもオンとオフがはっきりしていると言っていました。あと10キロくらい体は増えてほしいですけど、飼い葉は食べていますからね。初戦のような競馬ができれば、将来距離が延びてもおもしろいと思いますよ」

    アメリカンヘヴン(牡2・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
    「まだ経験が浅いですし、子供子供したところがあります。そのあたりがどのくらい解消してくれるかですね。元々テンションが高くなりやすいタイプですが、この中間は落ち着いています」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

     

     

    1:2015/10/18(日) 17:01:36.18 ID:
    アイビーステークス 第1回特別登録 13頭 ・
    サラ系2歳 (混合)(特指)オープン 別定 1800m 芝・左

    アドマイヤビスタ 55.0
    アメリカンヘブン 55.0
    アラバスター 55.0
    エイシンギガント 55.0
    キンショーユキヒメ 54.0
    スターオブペルシャ 55.0
    タンタラスノオカ 55.0
    ヒプノティスト 55.0
    フィンガーポスト 55.0
    ポートレイト 54.0
    マイネルラフレシア 55.0
    ユウチェンジ 55.0
    レプランシュ 55.0
    6:2015/10/18(日) 17:07:13.95 ID:
    アラバスター
    【アイビーS|注目2歳馬レース予想】の続きを読む

    夏の新潟芝外回りは差しが決まらない????
     
    夏の新潟開催は2週が終了した。まだ日数が少ないだけにはっきりとは言えないが、今夏の新潟外回りコースは差し、追い込みが利かない傾向にある。

    関係者に聞いても、「馬場に変わったところは見られないが、今年は後ろからの競馬では厳しい」と漏らしていた。あくまでも参考だが、差し、追い込み馬での馬券勝負は危険かもしれない。(小林正明)
     
     
    【夏の新潟芝外回りは差しが決まらない????】の続きを読む

    このページのトップヘ